ゴルフだけ特殊?その2

  • 2015.07.16 Thursday
  • 02:00


スイングの見解が膨らんできているようで
それぞれに考え方(切り口)があっておもしろいですね(^^♪

気が付いた事やこう考えている などなど
どんどん投稿していきましょう(^^♪







巷のゴルフ界で言うところの常識

「脇を閉じて肘をくっ付ける」

そして捻転(肩と骨盤との角度差)つまり

「背骨のねじれによるスイング?!」

ゴルフ だけ は他では決してやらない
ご法度な動きを あえて 採用しています





地面にあるボールを扱う

ということでは特殊であると言えなくもありませんが
その特殊な事を 普通にできるように ゴルフクラブを持っているわけです

その特殊な部分は道具であるクラブが受け持ってくれれば
人間側はあたり前の動きですみます

「軽いヘッドに硬いシャフト」

このクラブとしての機能を あえて 発揮させない
ということであれば、現状の(特殊な)スイングも理解できますが…






ではこの「クラブとしての機能」ですけども

クラブ構造
こういう言葉を使うと拒絶反応?!かもしれませんので
少し話を簡単にしてみましょう

もしコースでバットを手渡され
目標に 必要な距離を 正確に打て!


そう言われたとすると、どう想像しますか?





それはかなり難しそうだな…とは思いますが

かわいいキャディーさんに
「がんばってください♪」
なんて言われたら、まぁ見ときなさい
なぁ〜んて気になってしまうかも(笑)

(そう言いつつもキャディーさんは木の陰に隠れるでしょうが…)

しかし絶対に不可能か?
と言われると可能性はゼロではありません

ゴルフクラブの機能
その要素の一部はバットにもありますしね




ということで
「バットでゴルフをした場合、困難になると思われる事」
まずは思いつく現象をあげてみましょう

別にバットでなくてもいいですね
経験した事のあるスポーツ用具
なんでもかまいません

「もし〇〇を使ってゴルフをしたら…」

そんな視点を持ってみてみるのもオモシロいかもしれません(^^)



 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM